にいだ とぴっくす



2011年7月

梅雨の終わりを告げる集中豪雨

 7月5日午前10時頃、燕市、三条市、旧白根市の一帯で、すさまじい暴風、大雨、雷、雹(ひょう)がありました。ほんの30分ほどでしたが、一時は道路が「川状態」で、床下浸水もありました。当日は、新飯田の市日で、トマトやキャベツが道路上を流れていったとか、活きのいいイカが泳いで逃げた(?)とか、とにかく大混乱でした。
 一旦、寺に帰ると消防団の皆さんが、冠水した庭の水をポンプ2台で外に放水してくれていました【写真】。ありがとうございました。(私も一応OBです)

 某テレビ局がカメラを持って取材中でした。若い女性記者が、
「こちらの住職さんですか。雨の様子をカメラの前でお願いします」
「ここの住職ではないんです」
とお断りしました。ウソを言ってすみません。燕のお寺の行事があって、とても急いでいたもんですから…。





2011年4月

旧新飯中学校田体育館が使用禁止
小学校のアスレチックが取り壊しに

      ガッカリ!


 2011年4月下旬、新飯田小学校前を通ると、重機がアスレチックックを壊しはじめていました。
 17、8年前に、小日向敏則さん設計、総指揮のもとに、有志30名ほどでつくりあげたものです。
 PTA管理で責任のもてないものは撤去せよという論理のようです。

 2ヵ月ほど遅れて、新飯田保育所のアスレチックも「使用禁止」のロープが張られました。これも、
小学校と同じメンバーが作ったもので、まだ壊れたところは見当たらず、使えそうなのですが。

  同じ論理で、フットサル、バスケなどで地元の人たちが利用していた旧中学校の体育館も、耐震強度不足で使用禁止、撤去とか。それはもともと行政の責任ではないの ?