本堂で通夜・葬儀を望まれる方に
 住宅事情が変わって、自宅で結婚式や葬儀、法事さえも勤めることがなくなりました。
以前は、2〜3年に1回の割合で、本堂で葬儀が行われることがありましたが、年々増えてまいりました。
2017年は、11月下旬まで4回行なわれました。等運寺の年間の葬儀の数からいえば、少なくない数です。

 本堂で通夜、葬儀、お座敷でお斎(おとき)を望まれる方は、遠慮なくご相談ください。
快く協力してくれる業者は「山内葬祭」です。

寺でご協力できること、出来ないこと

  1.亡くなられた方を、直接奥の座敷に搬送し、そこで納棺、お通夜の直前に本堂に移します。
  2.遺族は、お座敷に宿泊出来ます。(貸し布団は自己負担です)
     (今までに最多10人が2部屋に分宿、最長3泊の方もいらっしゃいました)
  3.お風呂(24時間風呂)は、空いている時に自由にご利用ください。
  4.食事は提供できません。近くにコンビニがあります。
  5.本堂、座敷、庫裏の使用は無料ですが、光熱費として1日あたり 5000円をお願いいたします。
  6.葬儀壇は、前住職の葬儀の壇と同一とし、寺が無償で提供いたします。
  7.生花、供物、蝋燭、灯篭などの持ち込みはお断りいたします。
     (どうしても生花などを贈らなければならない事情のある方には、「お花代」としてお包み
      するように住職からお勧めしています)
  8.お棺は、シンプルな桐製に限らせていただいています。
  9.「通夜ぶるまい」は、お庫裏で70人規模、他の部屋をつかえば、それ以上の人数が可能です。
     (その準備と後片付けは、葬祭会社のスタッフを依頼してください)
  10.「おとき」のイス・テーブル席は18席です。それ以上は別席で座っていただきます。
    料理は、食べ切りの「松花堂弁当」に限らせていただきます。(税別 3000円〜5000円)
     飲み物は持ち込みです。
    もちろん、外の料理屋さんへ出かけてのご利用は自由です。
  11.本堂の葬儀壇の準備と、後片付けのお手伝いをお願いいたします。(お1人ほど)

【葬儀社に支払う費用(概算)
                 プランA. 通常28万円前後
                 プランB.  19万円前後
                         (納棺後、翌日の出棺間際まで葬祭業者は不在です。
                          よって、棺の移動は遺族の方にしていただきます)
その他の費用】・・・・・・・・・・・・・ 寺への「御仏前」「お布施」 等
                      「通夜振舞い」経費、葬儀当日の「おとき」、同 お勝手謝礼
                       光熱費(1日当たり 5,000円)、貸し布団(宿泊の場合)、、
                       葬儀壇の根果餅実費(3,000以内)
                      

   ※ 経費の問題ではなく、質素な真宗門徒の葬儀を心がけています。
   ※ 旅館や料理屋ではないので、細かな要望には対応いたしかねます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
過去に少しずつ書いた記事をまとめました。重複するところもありますが、参考にしていただきたいと思います。
 
1. 本堂・お座敷での葬儀プラン (2017年3月)
2. ご法事の様式と準備について(真宗ミニ知識 No.32)
3. ご法事に招待されたとき、お客と施主は (真宗ミニ知識)
4. 本堂でご法事、お座敷でお斎(おとき)はいかがですか (真宗ミニ知識)
5. 本堂でご法事、お座敷でお斎 (ちょっとしたお知らせ 2012年11月)
6. お座敷がイス・テーブル席に (ちょっとしたお知らせ 2014年6月)
7. 「葬儀を考える」 (推進員座談会 特集U 2000年7月)
8. 「葬儀を考える」 (推進員座談会 特集X 20  年 月)