本堂でご法事、奥座敷でおときはいかがですか

住宅事情が変わって、広い仏間、それに続く茶の間と奥の間という、いわゆる「農家造り」が少なくなり、
たとえあったとしても、建具と家具の移動、外の掃除やガラス拭き・・・、お客さまを迎える準備は
気苦労が多いものです。
 そこで、念珠ひとつでご法事を勤められる「本堂でご法事」をお勧めいたします。特にこの数年は
ご法事の後の「おとき」も、奥座敷を利用される方の割合がが多くなっています。

 
その利点は
  @ ご法事の用意は、「等運寺セット」を電話注文するだけで寺に直接届けてもらえます。
      a. 本堂の花、ロウソク、お供え物、お墓の花1対、お墓のロウソク、線香、マッチが9,000円
      b. 上記に、お墓の花などがない場合は7,000円です。
  A 「おとき」は、松花堂弁当(税別 3,000円 〜 )に限りますが、持ち帰りのない、食べ切り料理です。
    飲み物は、ご持参いただき、冷蔵庫、コップ、銚子、杯、燗器具などは提供いたします。
  B 本堂と奥座敷使用については、もちろん無料です。
   (イス・テーブル席、冷暖房、ホットカーペット、マッサージチェアー完備)
  
 
有料は、
  @ 料理屋さんではないので、配膳、お給仕、片付けはいたしません。その代わり、お手伝いの方を頼むと
    準備から最後のコップ洗いまでお願いできます。お礼を4,000円ご用意ください。人数が10人を越え
   15人に近くなりますと、2人願うことになります。
  A マイクロバスで、自宅から寺への送迎も可能です。その場合は、実費(ジャンボタ
クシーくらい?)です。

      【本堂で ご葬儀はいかがですか】

 #########################################################################################################

     
ご法事の様式と準備について(真宗ミニ知識 32)

      本堂でのご法事(黄色)と、ご自宅でのご法事の様式は下記の通りです。
    これは、地域と寺によってまったく異なります。
    等運寺においては、近年このようにお勤めしています。 ご門徒の皆さんのご参考になればと・・・。

様 式    法   事  上 法 事 (あげほうじ)   内仏年忌 (ないぶつねんき)  
場 所  ご自宅  本 堂  ご自宅のお内仏(お仏壇)で勤めます
出仕僧  2 人  1 人 または 2人  1 人
おとき                    ※ おときの有無は、施主のご都合しだいです。
所 要
時 間
 約 60分  約 45分  約 45分
時間帯                    ※ 普通は午前11時からですが、午後4時、5時の時間帯もいいものです。
壇 と

仏 具
寺に、仏具一式と、床の間6尺用、それ以下用の、2種類の法事壇の用意があります。(貸出無料です)

山内葬祭さん、JAさんから借りることもできます。
 不 要  不 要
用意
するもの
○朝、お宝様(ご本尊)をお二人でお迎えください。
○お花(1対)
○朱蝋燭(30号または50号を2箱)
○お華束(おけそく)
(菓子などのお供えを1対分と、お内仏用に少しご用意ください。片側に5個、7個などと、奇数個をお供えします)
○お仏供のご飯。(炊きたてのもの)
○墓参される場合は、花、蝋燭、線香の用意。
(墓経をご希望される方はお申し出ください)
○お花1束(本堂用に背の高いもの)
○朱蝋燭(30号または50号を1箱)
○お華束(おけそく)
 菓子などのお供えを1対分と、お内仏用に少しご用意ください。片側に5個、7個などと、奇数個をお供えします。
○墓参される場合は、花、蝋燭、線香の用意。
(墓経をご希望される方はお申し出ください)
○お花(普段より少し豪華に。お内仏の外に、大きな花瓶でお供えしても結構です)
○朱蝋燭2本(ご自宅の燭台に合う大きさのもの)
○お華束(おけそく)
 お内仏は狭いので、お盆などに盛り付けてお供えするのもいいでしょう。
○打敷(うちしき・三角の布)を掛けます。
山内葬祭の『等運寺セット』
本堂用お花1束、朱蝋燭1箱、お華束1対分(若熊の最中14コ)、墓用お花1対、朱蝋燭2本、線香1束、マッチ1箱を、『等運寺セット』として税込9000円で、当日の朝に届けてくれます。
 注文、支払いは、寺からでも、個人からでもOKです。


お斎(とき)を、奥座敷(右写真)することも可能です(使用料無料)。その場合の料理は、月潟「久元」の松花堂弁当(税別3000円)で食べ切り料理としては十分です。他に、3,500円、4,000円最高 5,000円もあります。
 注文、支払いは、寺からでも、個人からでもOKです。

飲み物は、コンビニ等から買ってきて、余ったらお持ち帰りください。冷蔵庫、コップ、お銚子などはお貸しいたします。

お手伝い
 準備とお給仕、片付けをしてくれるお勝手の方に
4,000円のお礼をご用意ください。人数が多い場合は2人。寺側が依頼します。
弁当はこんな感じで、食べきれる量。



奥座敷は18席。


それ以上は前の茶の間へ。 200Vのエアコン2台に増設しました。
包みもの
の種類
○「御仏前」 (ご本尊へのお礼)
○「志」 (僧侶への志。人数分)

○「墓経志」 墓経をお申し出の場合。
○「御仏前」 (ご本尊へのお礼)
○「志」 (僧侶への志)

○「墓経志」 墓経をお申し出の場合。
○「志」 (僧侶への志)
    ※ 「御仏前」 「志」は、あくまでも志ですから金額は定まっておりません。   ご不明の点は、お問い合わせください。