等運寺墓地について



 墓地を新規ご利用希望の場合は、その旨ご相談ください。墓地には余裕があります。事前予約も可能です。
別に「墓地使用規約」があります。

  
      @ 1区画 5尺×5尺(150cm×150cm)
        A 高さ 200cm以内
        B 永代使用料 20万円、 墓地管理料 年 1,500円 です。


 
 墓地全景。
通路には砕石を敷き詰めてあります。ハイヒールの方には不評です。


 永代使用料は、1999年11月まで「お志」で、決まっておりませんでした。
 役員会らの指摘で、近隣の寺より高額でなく、しかも、安すぎて近隣の寺のご迷惑のご迷惑にならないような金額ということで、20万円ときめられました。
 墓地管理料は、3種類の除草剤、背負い噴霧器と草払い機の償却費、掃除お手伝いのお礼(年間)などにつかいます。


 墓地の8割は、大正時代に区画整備されていて、6尺幅の通路の両側に、6尺(180p)四方の区画割をしてあります。【写真】
 墓石の98%が、5尺(150p)四方以内に建てられています。したがって、墓石の間には30pほどのすき間ができて、雑草や落ち葉の掃除が大変です。【写真】
 
 近年、墓石の改築工事に際に、なるべくすき間のできないように左右に動かしていただきました。 「墓地使用規約」にも、5尺四方とさせていただきました。
 ところどころに基礎工事が施してあるところがあります。予約されている場合と、未定の場合があります。
 住職にお問い合わせください。
お勧めの墓石正面の文字です
 南無阿弥陀仏   ともに一処に会う   南無六字城
   (1基)
     無量寿
     (2基)
    彼岸に至る
     (1基) 
 新潟地震、中越地震など、大きな地震が多数ありましたが、墓石が落下したことはありません。
 軟弱な地盤が逆に幸いして、クッションとなっているのかもしれません。