リレエッセイ  
 
   「何か書いてよ」     「書くのだけはダメ」    「それでは発表を…」 
「いや、しゃべるのはもっと苦手。 大勢の人の前でしゃべってはいけないと、親の遺言で…」
「チョット待て、勝手に親を殺したらイカン。じゃあ、何が出来る?」 「うまいもの食べながら、酒を飲むのは大得意!」

落語みたいなやり取りの末、ようやく1年間のエッセイを依頼して
10人(年)以上が過ぎました。

寺報づくりを20年続けて、ようやくわかったことがあります。  それは、住職が前面に出ないこと。
新聞づくりに推進員が関わり、門徒さんの顔写真や文章が載るようになってから、
親近感がわき、住職からの一方通行だった以前より、 はるかに読んでもらえるようになったと思います。
おかげさまで、住職が楽をさせてもらっていますが…。

紫色は工事中です)

    同朋会員などによる1年連載(初めの10数年は) の リレーエッセイ
 2018年  2017年  2016年  2015年  2014年
2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年
2003年 2002年 2001年 2000年 1999年
1998年 1997年 1996年 1995年 それ以前